綺麗にいぼを切除してもらおう【技術力が高い医師を選ぶ】

コンプレックスを解除

顔に触れる女性

専門家に施術を依頼しよう

いぼの種類は沢山あり、ウイルス性か否かで大別可能です。前者には伝染性軟属腫等があり、何れにせよヒトパピローマウイルスによる感染で発症する特徴があり、確認されている総数は少なくとも100種類を超えます。対して後者には、健康上の問題はありません。とは言え紫外線や加齢を原因とする加齢いぼがあり、出来る部位が隠しづらい首等に出来ると、外観を気にして思う存分お洒落を楽しめないという人がいます。また患部を擦って傷めたりしないかに気を使い、ストレスを感じる人もいるでしょう。この様な人には、専門のクリニックに出掛けていぼの切除を願い出ると、適切な対策を講じてくれます。中には面倒なので自分自身でハサミ等の器具を使い、自己施術を試みたいとする人がいるかも知れません。しかし傷口から細菌の感染等の健康リスクが懸念されますから、専門家の居るクリニックや病院に任せた方が無難です。具体的な施術方法は皮膚科専門医の診断に委ねられますが、選択が可能であれば炭酸ガスレーザーを選択すると良いでしょう。ピンポイントで切除したいいぼだけを綺麗に除去出来ますし、肌への負担を抑制出来るメリットがあります。いぼの切除前のカウンセリング時に、どの様な麻酔を施すのかを詳しく聞いておき疑問点は予め解決しておきます。また施術当日は傷跡を隠す為に大きめのマスクを用意しておくと、帰宅時も安心です。いぼの切除は施術方法や人によっては若干痛みがあるかも知れませんが、炭酸ガスレーザー等なら、より痛みは小さくて済むでしょう。個人差はありますが数ヶ月から1年程度で、傷跡は徐々に目立たなくなっていきます。いぼの切除後は、肌を刺激しないように優しく洗う事を心掛け、傷跡の保湿に努めましょう。いぼの切除当日からでも、傷跡には触れない事を前提であれば化粧をしても構いません。また長くても2周間程度で皮膚がピンク色に変化してきたら、もう普段通りの生活に戻れるでしょう。とは言え、新たに加齢性いぼを作らない努力も必要です。季節を問わず日焼け止めクリームを塗り、しみ対策用サプリメントを摂る方法もあります。特に暑い季節は、出来るだけ日差しを避けて木陰を通る・大きめなツバの帽子を被る等も必要です。また紫外線防止に一般的なサングラスでは、隙間から紫外線が忍び込みダメージを防ぎきれません。ですから、紫外線をシャットアウト出来るスポーツ用アイウエアを利用すると良いでしょう。